使命が運命に変わるとき、 全ての秘密が明かされる ──

第一次世界大戦直後、3つのマフィア組織によって支配される南イタリアの街『ブルローネ』。 この街の教会で暮らすリリアーナ・アドルナートは、突如、謎の男に襲われる。 彼女の危機を救ったのは、ファルツォーネ・ファミリーのカポ、ダンテ・ファルツォーネだった。 リリアーナは、ファルツォーネ・ファミリーの屋敷に匿われ、隠れて生活を送ることとなる。 なぜ自分が狙われたのか、なぜ自分が匿われるのか、何の説明も受けられないリリアーナは、ダンテに対して強い不信感を抱くが、同じ屋根の下で生活を共にする内、段々とわだかまりが解けてゆくー。 街で起きる金髪女性連続失踪事件。街に眠る秘密。鍵の乙女。 全ての謎のピースが当てはまる時、ふたりの使命は運命へと変わり、大いなる陰謀が明らかとなるー。 街に銃声が鳴り響き、 目の前に広がるのは、絶望か、奇蹟かー。

©IDEA FACTORY/DESIGN FACTORY ©舞台「ピオフィオーレの晩鐘〜運命の白百合〜」製作委員会